引き寄せの法則でトラブルを乗り切った

人間関係のトラブルが有りました。

ある人に絡まれて警察沙汰になった話です。

引き寄せの法則でトラブルを乗り切りました。

人間関係にもイメージの力というものは働きます。

嫌な気分にはもちろんなりました。

しかし、そこで思考が悪い方向に引き寄せられることを知っていたので、問題が解決していてみんながニコニコしている、その人が去っていくようなイメージを常に持っていました。

その結果、その人は去っていきました。

仲間みんなに迷惑をかけていきましたが、結局のところ誰も傷つかず逆に仲間の結束が深まった結果となりました。

私としては非常に良い出来事になったのです。

 

ことの発端は私とその人の関係から。

その方をAさんとします。

共通の知り合いを通して知り合いました。

もともと同じような業種で仲良くなり、とあるグループを作りたいから、力を貸して欲しいということで私と意気投合しました。

同志でグループを発足し、私もAさんとと同じようなポジションの役職をするようになりました。

 

Aさんは私よりいくつか年齢が上なのですが、聞くところによるともともとは暴走族だったそうでして、上下関係に非常に厳しい方でした。

まぁ暴走族という時点で私の中で良いイメージがなかったので、この時点で幾分かの違和感はありましたが、あまり気にせずに付き合っていました。

基本的に私は上からのプレッシャーなどのらりくらりとかわしていくタイプなので、あまり気にもとめずしっかりと自分の仕事を進めていきました。

そういった感じで、あまりグループ内で揉め事も起こしたくないので、普通に過ごしていたわけです。

 

しかしながら、どんどん風あたりは強くなってきました。

私に対する言葉遣いも命令口調になってきて、流石に嫌だなという気分にはなりましたが、それでものらりくらりと過ごしていました。

何か言われたら素直に従ってましたし、何かミスをしたら

「すみません。」

と素直に謝っていました。

まぁ他のメンバーとはとても仲良くさせてもらっていました。

もしかしたらそういう態度が気に食わなかったのかもしれません。

 

そしてどんどん時間が経ち、私がAさんから露骨にターゲットにされるようになり、自然とAさんを避けるようになっていったと思います。

メンバーみんなでミーティングを行っていたのですが、ミーティングも私自身がそういう状況で参加しなくなりました。

とにかく関わりたくなかったのです。

 

Aさん自身はそれで私を打ち負かせたようなことを他のメンバーに言ってました。

とにかく私の悪いところをつらつらと言っていたそうです。

 

ここで私も思いました。

あれ、何も悪い事してないし、他の人間関係はめちゃめちゃ良好なのに、なんで自分だけ責められなければならないのかなと。

私もメンバーの方と相談します。

もともと同じ志で作って、利益も折半、グループ内の立場も平等。

なのにあきらかに上から目線で言いがかりをつけてくることが非常に不満だったわけです。

ただ、今思えばこの時点で、このようなことを思っていたのが、最終的な破綻を引き寄せたのかもしれません。

 

人間関係はどんどん悪くなっていきます。

ただ、このままじゃだめなわけです。

ストレスが溜まります。

私、ストレスにあまり耐性がないですし、ストレスがあるという事があまり良い状況ではないなと気づきました。

そこで改めて引き寄せの法則を使おうと決心したわけです。

常に私の人間関係は良くなっていくというイメージです。

「私の人間関係は常に良い人と、良い人間関係を作る事ができる。」

そいういうイメージ。

常にそのイメージでいました。

「悪い人は離れていく。」

というイメージを最初は持っていましたが、悪い人を思い浮かべることがもはや悪いことを引き寄せているんじゃないかなと考え、最初のイメージ通り、

「私の人間関係は常に良い人と、良い人間関係を作る事ができる。」

だけを思い浮かべることにしました。

 

結果どうなったかというと、不思議とAさんがどんどんグループから離れていったわけです。

グループの他の人とはずっと連絡を取り合って、そこの仕事をさせていただいたりもするようになりました。

そればかりか、その後に出会う人も良い人ばかり集まって、自分の商売もどんどん良くなってきました。

本当に良い人間関係に恵まれて幸せでした。

こういうときって自然と感謝することができるもんですね。

心から人生に感謝することができました。

 

そういう日を過ごしていたのですが、Aさんが急に連絡をしてきました。

自分が役職のグループが、他の人とばかりうまくいっているから、解散するなり脱退するなりしろ。

そういう旨のことを伝えてきたわけです。

ずっとLINEが鳴りっぱなしで、電話もずっとかかってきました。

あぁ、こういうことかと。

「自宅にも行きましょうか?」とか「お前ほんまなめてんのか」とか、そういうい脅迫めいたLINEも来たため、私は知り合いの行政書士の方に相談し、弁護士の先生に相談し、警察にも110番登録していただいて、完全防備で待ち構えていました。

グループの他の人に連絡してみても、やはり噛み付いている始末です。

逆恨み意外の何事でもありません。

しかしながら、ここでもやはり引き寄せの法則が働いているんだなということを思い出しまして、再びこうイメージしようと考えたわけです。

「私の人間関係は常に良い人と、良い人間関係を作る事ができる。」

これのみ。

正直なところ、この時点で言いがかりをつけられて、罵られて、非常に不愉快な気分だったのです。

それがAさんを再び引き寄せてしまったのかもしれません。

だから良くなるようにイメージしました。

とにかく人間関係が良くなるイメージ。

 

ここでまた不思議な事が起こってきました。

あれだけ不愉快な印象を持っていたAさんですが、だんだんと許せるようになってきたのです。

言いがかりをつけられて、本当に警察沙汰になって、どれだけ迷惑をかけられたかといえば本当に計り知れないほどです。

しかしながら、Aさんに対して恨むような気持ちがどんどん少なくなってきたのです。

迷惑をかけられたことを忘れるような感じでしょうか。

今は全く何も思わなくなりました。

 

「私の人間関係は常に良い人と、良い人間関係を作る事ができる。」

こうイメージすることで、本当にそういう人間関係を引き寄せたんだなと改めて感じた出来事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です