引き寄せの法則が働くまでの時間

時計

引き寄せの法則研究所のブログをご覧くださいましてありがとうございます。

今日は引き寄せの法則が働くまでの時間について。

引き寄せの法則は万能の宇宙の法則で欲しいものはなんでも手に入るのですが、法則が働くまでに時間がかかる場合があります。

 

時間がかかるということは、必然なのです。

良いことを考えて、良い感情を感じ、良いことに作用するための必要な時間なのです。

引き寄せの法則が発動するまでの時間について

引き寄せの法則が発動するまでの時間というのは、一瞬である場合もあれば、長年かかるという場合もあります。

これは物事の大小や、善悪に関係なく、時間がかかるということです。

ただ、常に良い思考を行い感情を発していると、その速度が飛躍的に早まる傾向があります。

一瞬で発動することもあります。

ただ、引き寄せの法則が発動するまでの時間がかかるということは、思考と感情が一致していない場合があるのが原因な場合が多いです。

これについて説明していきます。

今すぐ引き寄せたいという思考と感情の裏に

例えば、

「今すぐ1,000万円欲しい」

こういう願いについて。

今すぐ手に入れたいという事を信じていれば、今すぐ手に入るんですがなかなか手に入らないといったことは無いでしょうか。

ここで何故か考えてみたんですが、気づいたことがあります。

「今すぐ」という感情という裏にはどちらかというと恐怖があるということですね。

「今すぐ1,000万円欲しい」

この場合だとお金が足りないからお金を引き寄せたい。

お金が足りないというネガティブな感情が働いているのです。

頭ではお金が入ってくることを考えているのに、感情は恐怖を感じている。

思考と感情が一致していませんよね?

なのでこの場合引き寄せられない事が多い。

こういう事をすべて「執着」している状態だというんじゃないでしょうか。

逆に恐怖の感情から来るときはタイムラグが有るどころか、その恐怖を感じる状況を引き寄せてしまっています。

恐怖を感じるということは全く引き寄せの法則とマッチしていません。

なので、時間がかかったり、引き寄せられなかったりするということです。

 

恋人や人間関係の場合も同じです。

「今すぐ恋人やパートナーが欲しい」

恋人が居なくて寂しいから、今すぐという条件が必要になってくる。

寂しさってネガティブな感情ですよね。

なので、引き寄せられない。

恋人やパートナーが欲しいという思考と寂しいという感情がマッチしていないから引き寄せられないということです。

先に感情をしっかりと感じその次に思考する

実はネガティブな感情がある場合はどうすればよいかということですが、その場合は感情を味わい尽くすということが必要です。

思考が先走っているときは引き寄せの法則は作動しません。

なので、感情と思考を一致させる作業が必要になります。

感情を味わい尽くすとは、ネガティブな感情から逃げるための思考をすることではなく、ネガティブな感情そのものを味わい、そこから新しい思考をはじめるということです。

 

ネガティブな感情を感じたとしても、味わい尽くせばなぜそうなったかという思考が生まれます。

そのような思考からだんだんと良くなっていくような思考に変わっていきます。

このプロセスが大切です。

悪い感情から逃げるために思考すると、更に悪い感情が生まれてしまうのです。

悪い感情を味わい尽くした後に思考すると、良い感情が生まれてくるのです。

この後者のプロセスを行うことで引き寄せの法則は発動します。

引き寄せの法則が発動するまでの時間は感情を味わい尽くす時間

引き寄せの法則が発動するまでには時間がかかることが多いと書きました。

その時間とは感情を味わい尽くす時間であると考えています。

つまり悪い感情も必要であるということ。

悪い感情をしっかりと味わうことで、新しい思考が生まれ、その思考が良い感情になってきます。

足りないから欲しいという思考するのではなく、楽しいからもっとほしいという思考にしていけばさらに良いです。

良い感情になると更に良い思考、良い感情と良いスパイラルが生まれて、引き寄せの法則が更に強力に発動し、願いが叶うスピードが加速するということ覚えていてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です